• 北岳肩の小屋の魅力
  • 宿泊案内
  • 北岳肩の小屋の宿泊者の声・感想
  • アクセス
  • ブログ
  • 問い合わせ
  
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

重要なお知らせ

2022年の予約受付開始は4月上旬を予定しています。     しばらくおまちください。

1日の宿泊予約数を70名とさせていただきます。必ず電話にて予約してください。

(コロナ対策及び改装工事のため、また状況に応じて枠は増やしていきたいと思います。)

 1日の予約上限があるためキャンセル料がかかります。

 

   (変更の4日前までに電話にてご連絡ください。

    以降は100%キャンセル料がかかります。)

   館内ではマスク着用し、宿泊者は枕元用タオル2枚、インナーシーツ持参してください。

  寝具は寝袋を用意してありますのでインナーシーツを使用してのご利用ください。

    寝袋、除菌アルコール等お持ちいただける方はお持ちください。

 テント泊は直接お越しいただいて構いませんが、混雑状況により規制する場合がございます。  その場合はホームページにてお知らせいたしますので登山前に必ずご確認ください。

以下、例年のTOPページの内容です。


北岳の頂上に一番近い肩の小屋に泊まりおおいに北岳を満喫してみませんか?

日本で二番目に高い北岳・三番目の間ノ岳と縦走の基点に最適の山小屋です。

小屋から眺める世界遺産に登録された富士山はまた格別です。

360度の大パノラマと可憐な高山植物、夜には満天の星に魅了されること間違いなしです。

予約、お問い合わせ先 090-4606-0068まで

           080-9524-5262

               055-288-2421

                

  コロナ対策及び改築工事のため1日60人の定員を設けています。

代表者のお名前 日時 人数 食事の有無 お弁当の有無 お電話番号をお知らせください。

朝9時より夜20時 接客中等でれないこともございます。

ハイシーズンの山小屋は大変忙しくしていますので簡潔にお願いいたします。

日にちが決まりましたら必ず少人数でもご予約をお願いします。

テントのお客様は予約不要ですが、混雑状況により規制する場合があります。

    出発する前にはホームページにて確認ください。

 山梨交通バス

 

小屋宿泊の予約状況

  • 1日の予約数の最大60名です。(コロナ対策及び改装工事のため、また状況に応じて枠は増やしていきたいと思います)
  • 1日の予約上限があるためキャンセル料がかかります(4日前まで以降全額)。
  • 館内ではマスク着用し、宿泊者はインナーシーツ持参してください。

【予約状況】
○:空きあり   
△:空きが半分以下
-:満室     



新着情報

新名物?肩の小屋の肩ロース 梅雨時期ですがもう雨は十分にたまりましたのでシーズンにむけ これからは晴れて欲しいですね。 今シーズンから夕飯のメニューに肩の小屋の肩ロースを追加しました。 今まで小屋に宿泊したことがある方...
『 新名物?肩の小屋の肩ロース 』の続きを読む

いつかは憧れの北岳バットレスへ ツアー募集 私も10何年前小屋に働きはじめてからずっと憧れてるバットレス。 今では毎年1度は暇を見つけて登りにいくことが楽しみにしている。 そんなバットレスにはじめて連れて行ってくれたのは成田ガイドでした...
『 いつかは憧れの北岳バットレスへ ツアー募集 』の続きを読む

お知らせ

お知らせ 明日から営業が開始します。 当山小屋の感染対策について 肩の小屋ではコロナ対策として各人のスペースをパーテーションで区切り、敷き布団をビニールで 覆い毎日寝袋等アルコール消毒しています。 ...
『 お知らせ 』の続きを読む

北岳草は満開になります。 来週から梅雨入りしそうですので朝1番で北岳草群生地までお散歩に。 もうすぐ満開を迎えるところでした。 6月末ー7月の頭まではギリギリ見れるでしょうか。。 稜線は雪は全くないですね。今後リアルタ...
『 北岳草は満開になります。 』の続きを読む

 

山梨交通より「2021年度版 南アルプス登山バス時刻表」が届きました。

今年度の運行期間は、6月25日(金)~11月3日(水)までです。ご活用ください。

※本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。本情報に基づく行動によって発生した事故・損害への責任は負いかねますので、ご了解下さい。



北岳の高山植物

北岳の天気予報

宿泊者の声募集しています

運営者

森本 千尋 (もりもと ちひろ)

森本 千尋(もりもと ちひろ)

祖父・父と続く標高3,000メートルにある南アルプス北岳肩の小屋3代目。
「南アルプスNET」の掲載された紹介記事はこちら


2014年の記事